安易に献血センターには行かない

HIVに感染の疑いがあると思い献血センターなどで血液検査をする事は、輸血される人の安全を第一に考え、絶対にやめましょう。

今だに血液に完全に代わるもの(人工血液)は未だ開発出来ておらず、また代替血液は開発されてはいるが限度があります。

そのため輸血には人の血液を使用せざるを得ない状況です

献血とは輸血や血液製剤製造のために無償で血液を提供することである。

日本では日本赤十字社が全て手がけており、提供された血液は感染症の検査の後、各医療機関等へ提供される。

安全性は以前より格段に向上しているものの、ウイルス感染には感染後一定期間は検出のできないウィンドウピリオド(検査空白期間)があり、この期間に献血された血液は検査をすり抜けてしまう場合があり、また未知の病原体については当然チェックの対象となりません。

献血された血液については、輸血される方の安全のために、さまざまなチェックを行います。

しかし、HIV(エイズ)感染を心配する人が検査目的で献血する例が後を絶たず問題となったため、たとえ陽性でも献血者に通知しないことになっています。

HIVをはじめとした感染症の検査および相談は保健所で居住地にかかわらず行っているので、感染の疑いがある様な時は医療機関や保健所での診察をして下さい。

日本赤十字社も献血時の問診表に「エイズの検査を受けるための献血ですか」という質問を入れることで、エイズ検査目的で献血しようとする人のチェックを行っています。また、ポスターなどでも注意を促している。

※ 日本赤十字社での「献血をご遠慮いただく場合」を記載しておきます。

下記はいずれも、エイズウイルス(HIV)やB型肝炎およびC型肝炎ウイルス感染の危険性が高い行為です。

急性B型肝炎は、そのほとんどが性交渉による感染です。

これらのウイルスの感染初期は、強い感染力を持つにもかかわらず、最も鋭敏な検査法を用いても検出できない時期が存在します。

輸血を必要とする患者さんへの感染を防ぐため、過去1年間に下記に該当する方は、献血をご遠慮いただいています。

  • 不特定の異性と性的接触を持った。
  • 男性の方:男性と性的接触を持った。
  • エイズ検査(HIV検査)で陽性と言われた。
  • 麻薬覚せい剤を注射した。
  • 上記の該当者と性的接触を持った。

悩み

ところで、たぶん、やばいな・・・と思っているんですよね。でもね、時間がすぎればもっとやばくなるよ。とにかく最低限チェックだけはしておくことオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.1.25

HIV発症の基準と症状

HIVに感染後、無症候期を過ぎ発病期になると様々な症状を示すようになります。 その症状からAIDS発症とされる23の指標があります。 H…

アクセスの多い記事

おすすめ記事

  • 2015.12.28

    自費と保険の違いと治療費概算

    性感染症になってしまい病院へ行く時、気になるのはその負担額ですよね。 自費と保…

  • 2015.11.16

    血精液症

    血精液症とは、その名の通り「精液の中に血が混じっている」状態のことを指すものです…

  • 2015.6.15

    性病とは

    「性病」という名前を聞いたことが無い人はいないでしょう。 「性病」とは「STD…

  • 2015.10.5

    非クラミジア性非淋菌性尿道炎

    非クラミジア性非淋菌性尿道炎(子宮頚管炎)とは、その名の通り「クラミジアが原因で…

  • 2015.6.22

    精器クラミジア感染症

    「精器クラミジア感染症」とは、「クラミジア」というウィルスの中の一種類(クラミジ…

ページ上部へ戻る