HIV感染ルート:母子感染

HIVの感染で二次被害になるのに、母子感染があります。

女性がエイズに感染した場合、妊娠で胎内の赤ちゃんに感染してしまう可能性があります。

母子感染の知識

HIVに感染していることに気づかないで出産すると赤ちゃんへの感染率は約30%、妊娠初期に感染がわかると赤ちゃんへの感染は1~2%と言われています。

妊娠中から母子感染を防ぐための適切な対策をとれば、ほとんどの赤ちゃんが感染せずに生まれてくると言えます。

ほとんどの産婦人科では妊娠3ヶ月頃に初期検査を行います。

検査の中でもHIV検査は妊婦さん自身の同意のもとで受けることができます。

妊娠初期にHIVに感染していることがわかれば、お母さんは適切な治療を受けられますし、赤ちゃんに感染しないように対策をとることができます。

検査を受けずに感染していることを知らないでいると、生まれてくる赤ちゃんにHIVが感染していた場合、何の治療も行わなければ約半数が1年以内にエイズを発症し、その後の治療にもかかわらず約半数が亡くなってしまいます。

母子感染の経路としては3つの経路が考えられています。

その1:出産時の産道感染

産道感染は子供が産まれてくる際、産道出血による血液を子供が浴びることで起こります。

感染を避ける方法として、帝王切開を行い母親の血液を付着させない方法があり、効果を上げています。

この帝王切開は計画的に行うもので、陣痛が始まってから緊急に行う帝王切開ではありません。

陣痛が始まってからでは胎盤から漏れる血液により子宮内の赤ちゃんに感染する可能性があるからです。

帝王切開による感染率は1,3%に対し、経膣分娩の感染率は25%とのデータもあります。

その2:母乳の授乳による感染

育児については、赤ちゃんに母乳をあげることは避けなければいけません。

HIVに感染した母親の母乳を与えることは赤ちゃんに対して感染の危険性があります。

母親がHIVに感染している場合には、断乳して粉ミルクで育てる必要があります。

その3:妊娠中に胎児が感染

胎内感染は、胎盤を通じ子宮内で子供がHIVに感染することで起こります。

物理的な遮断ができないため、感染を回避することが難しい状況にあります。

感染を避ける方法として、妊娠中に母親がHAART療法により血中のウイルス量を下げ、子供に感染する確率を減らす方法があります。

また妊娠中に母親に投与した抗HIV薬の赤ちゃんへの影響は、まだよくわかっていないので定期的に小児科で受診することが必要です。

悩み

ところで、たぶん、やばいな・・・と思っているんですよね。でもね、時間がすぎればもっとやばくなるよ。とにかく最低限チェックだけはしておくことオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.2.22

HIV感染ルート:母子感染

HIVの感染で二次被害になるのに、母子感染があります。 女性がエイズに感染した場合、妊娠で胎内の赤ちゃんに感染してしまう可能性があります。…

アクセスの多い記事

おすすめ記事

  • 2016.2.29

    性教育の必要性

    セックスそのものの行為はどうしても他人には話す事でないと言う風潮があります。 …

  • 2015.6.22

    精器クラミジア感染症

    「精器クラミジア感染症」とは、「クラミジア」というウィルスの中の一種類(クラミジ…

  • 2015.9.14

    C型肝炎

    テレビなどでも非常に良く取り上げられている感染症ですので、「C型肝炎」という名前…

  • 2016.1.11

    HIV(エイズ)の基礎知識

    今だにHIV(エイズ)に関して誤解をしている人が多く居る事は悲しい事です。 H…

  • 2015.7.6

    HIV感染症/エイズとは

    HIV感染症とは、「ヒト免疫不全ウィルス」のことを指します。 この症状が進んで…

ページ上部へ戻る