HIV発症の基準と症状

HIVに感染後、無症候期を過ぎ発病期になると様々な症状を示すようになります。

その症状からAIDS発症とされる23の指標があります。

HIVAIDS発症の判断

この指標の疾病に掛かった場合にAIDS発症と判断されます。

  • カンジダ症:カンジダという真菌が性器に感染して生じる感染症で特に女性の膣に起きるケースが多い。
  • ガス壊疽:ガス産生菌(メタンや二酸化炭素などのガスをつくる細菌)の感染により、筋肉に壊死を起こす疾患。
  • クリプトコッカス症:病原体を吸い込み、肺で感染することが多いが、不顕性感染の場合もある。
  • ニューモシスチス肺炎(PC肺炎=旧カリニ肺炎):痰の出ない咳、高熱、息切れなどで、エイズ以外では数日で悪化するがエイズでは緩やかなに進行していく疾病です。
  • コクシジオイデス症:軽度の肺感染症で治療をしなくても自然に治るもの(急性原発性コクシジオイデス症)と、重症で進行性の感染症で全身に広がりしばしば致死性のもの(進行性コクシジオイデス症)があります。
  • ヒストプラズマ症:胞子を吸入することによって主として肺に病変を引き起こされる深在性真菌症である。
  • リプトスポリジウム症:腹痛を伴う水様性下痢が3日~1週間持続し、腹痛、嘔気、嘔吐、軽度の発熱を伴います。
  • キソプラズマ脳症:猫などに寄生する原虫トキソプラズマを感染源にして起こりますが、感染しても、健康な人ならほとんど症状が出ることはありませんし、出たとしても、気がつかない程の軽症で済んでしまいます。
  • イソスポラ症:イソスポラは原虫の一種で小腸粘膜上皮細胞内に侵入発育し、頑固な下痢、嘔吐,発熱、体重減少などの症状がでます。
  • サルモネラ菌血症:炎症の程度に応じて白血球数等の炎症反応の増加が見られ、菌血症や胃腸炎でもトランスアミラーゼが上昇することがある。
  • サイトメガロウイルス感染症:胎児(一部は先天性CMV 感染症患児として出生)、未熟児などが挙げられる。
  • 化膿性細菌感染症:皮膚の組織部位に原因菌等により発熱、疼痛が現れる。

HIVAIDS発症とされる23の指標

HIVに感染後、無症候期を過ぎ発病期になると様々な症状を示すようになります。

その症状からAIDS発症とされる23の指標があります。

ここでは、前章に続いて症状を記載しています。

この指標の疾病に掛かった場合にAIDS発症と判断されます。

  • 帯状疱疹/単純ヘルペスウイルスなどヘルペスウイルス感染症:帯状疱疹としてではなく水痘として感染する場合があり、接触性の感染で水疱の中に存在する水痘帯状疱疹ウイルスが気道の中で増殖して水痘となる。(水痘にかかったことのない子供には注意が必要です。)
  • 活動性結核:結核に知らずに感染して、その残りがあるということです。
  • 非定型抗酸菌症:身体のさまざまな部位で感染症を起こし、中でも呼吸器感染症が頻度が多く、また生命にかかわるため重要視されている。
  • 反復性肺炎: 1年以内に二回以上の急性肺炎が臨床上又はX線写真上認められる肺炎です。
  • リンパ性間質性肺炎肺リンパ過形成:進行性の呼吸困難および咳の症状が現れます。
  • カポジ肉腫:全身のどこにでもでき、数ヶ月以内に広がり、皮膚の他に口の中、リンパ節や内臓にもでき、特に消化管にできた場合、下痢と出血を引き起こす。
  • 原発性脳リンパ腫:脳局所症状(麻痺失語等)や、頭蓋内圧亢進症状(頭痛吐気嘔吐等)の他に精神症状を起こす。
  • 非ホジキンリンパ腫:白血球の中のリンパ球ががん化した悪性腫瘍で、リンパ節がはれたり、腫瘤(しゅりゅう)ができる病気です。
  • 浸潤性子宮頸癌:子宮頸部と呼ばれる子宮の出口より発生する癌です。
  • 進行性多巣性白質脳症:半身麻痺知能障害視カ障害意識障害言語障害性格変化行動異常歩行障害情動障害顔面筋麻痺頭痛めまい等の大脳症状からくる病気です。
  • HIV脳症:認知、運動、行動障害を中心とした進行性の痴呆(ちほう)が特徴で、しばしば集中力の低下、物忘れ、作業能率の低下などを訴え、無気力になったり、あらゆることに興味を失ったりします。
  • また、幻覚、妄想(もうそう)、躁(そう)状態うつ状態など幅広い精神障害もみられます。
  • HIV消耗性症候群:1ヵ月以上発熱や下痢が続いたり、意図しない10kg以上の体重減少が現れたもの。

悩み

ところで、たぶん、やばいな・・・と思っているんですよね。でもね、時間がすぎればもっとやばくなるよ。とにかく最低限チェックだけはしておくことオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.2.8

HIV感染ルート:性交渉による感染

性交渉は1回の行為での感染の確率はとても低いのですが、最近の調査では感染経路の70~80%がセックスによるものだと言われています。 通常の…

アクセスの多い記事

おすすめ記事

  • 2016.2.22

    HIV感染ルート:母子感染

    HIVの感染で二次被害になるのに、母子感染があります。 女性がエイズに感染した…

  • 2015.12.28

    自費と保険の違いと治療費概算

    性感染症になってしまい病院へ行く時、気になるのはその負担額ですよね。 自費と保…

  • 2015.6.22

    精器クラミジア感染症

    「精器クラミジア感染症」とは、「クラミジア」というウィルスの中の一種類(クラミジ…

  • 2015.10.12

    疥癬

    疥癬(かいせん)とは、ヒゼンダニと呼ばれるダニが寄生することによって皮膚に異常を…

  • 2015.12.7

    性感染症と妊娠

    妊娠すると、いくつかの検査を受けて「性感染症」にかかっていないかどうかを調べます…

ページ上部へ戻る