自費と保険の違いと治療費概算

性感染症になってしまい病院へ行く時、気になるのはその負担額ですよね。

自費と保険の違いと治療費概算で、一体どのくらいの金額がかかってしまうのか…と悩む人も多いのではないでしょうか。

性感染症の中にも、保険の適用が受けられるものと受けられないものがあります。

保険の適用が受けられる場合、支払うのは「診察代」「薬代」「検査代」「判断料」のそれぞれ三割になります。

が、これを受けられないとなるとその全てを自分で負担しなければなりません。

また、性感染症にかかって病院へ行く人の中には、「会社や家族に性感染症になってしまったと知られるのが嫌だ」と考え、最初から自費負担で受けようとする人もいます。

しかし、医療機関から発行される明細票には「どの様な病気で病院を受診したのか」については一切書いてありません。

その後会社から手渡される明細票にも、病名は一切記載されませんので誰かに知られる心配はありません。

どの性感染症にどのくらいのお金がかかるかについては、治療にかかる期間や症状によってもまちまちです。

が、大体のものを記載していくと(保険を適用していない金額です)、

性器ヘルペスの診察料が三千円から五千円、検査代が二千円から一万円、薬代は大体三千円からとなっています。

性器カンジダ症の診察料が三千円から五千円、検査代も三千円から五千円です。

疥癬の場合は診察料が三千円から五千円。

性器クラミジア感染症の場合は、診察料が三千円から五千円、検査代が四千円、薬代が三千円。

赤痢アメーバ症の場合は、診察料が三千円から五千円、検査代が三千円。

軟性下疳(なんせいげかん)が三千円から五千円となっています。

ここに挙げたもの以外にもたくさん性感染症がありますが、大体ここで紹介した金額に収まると考えて良いでしょう。

また性感染症ではありませんが、フォアダイスの外見が気になって手術をしたいと考えている場合は保険が適用されません。

この場合は大体三万円から治療費がかかります。

金額に不安がある時は、遠慮なく病院に相談しましょう。

悩み

ところで、たぶん、やばいな・・・と思っているんですよね。でもね、時間がすぎればもっとやばくなるよ。とにかく最低限チェックだけはしておくことオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2015.9.7

B型肝炎

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスが引き起こす感染症のことを言います。 肝炎については、テレビなどでも話題になったのでご存知の方も多いかと思い…

アクセスの多い記事

おすすめ記事

  • 2015.8.10

    膣トリコモナス症

    膣トリコモナス症は、その名前からも解る通り「感染者のほとんどが女性である」性感染…

  • 2016.3.14

    安易に献血センターには行かない

    HIVに感染の疑いがあると思い献血センターなどで血液検査をする事は、輸血される人…

  • 2015.7.27

    性器カンジダ症

    性器カンジダ症は、女性に多いと言われる性感染症です。 性器カンジダ症は、その名…

  • 2016.2.1

    HIV発症の感染経路

    隣りの人が咳やくしゃみをしただけで、うつってしまうかもしれないと神経質になっては…

  • 2015.12.14

    風俗と性感染症

    最近若者の間では、「風俗関係の人たちはきちんと性病に関する知識があって、予防をし…

ページ上部へ戻る