風俗と性感染症

最近若者の間では、「風俗関係の人たちはきちんと性病に関する知識があって、予防をしているから安全だ」という間違った認識が流れている様です。

どこから出てきた言葉なのかはわかりませんが、これを鵜呑みにして「風俗は安心だ」「風俗では性感染症にかかることはない」と考える人がいるなら大変危険なことです。

風俗の中でも、きちんと性病に対する知識を持ち、予防しながら働いている人も確かにいます。

ですがそれが全てとは限らず、自身が性感染症にかかっていることを知らないまま仕事を続けている人も多いのです。

またコンドームの使用についてもルーズな店はまだまだ多く、この様な店だと性感染症に対する知識はほとんど無いと思っていいでしょう。

性感染症の中には、自覚症状が全く無い、あるいはほとんど無い様なものもたくさんあります。

HIV感染症の様に、潜伏期間が非常に長い病気もあります。

また、風俗の女性から性感染症をうつされた場合、怖いのは「パートナーに移してしまう可能性がある」ということです。

もしパートナーが妊娠中だったりした場合、性病にかかってしまえば非常に大きな負担と心配をかけることになってしまいます。

この様な事態にならないためにも、風俗には「行かない」ことをお勧めします。

性感染症になってから「行かなければ良かった」「やめておけばよかった」と思っても、時間は元には戻りません。

性感染症の中には一生完治しないものもあり、この様な性感染症にかかってしまえばずっと病気を気にして生きていかなければなりません。

また「オラルセックスなら平気だろう」という認識も危険です。

性感染症は、セックスではなくオラルセックスによって感染するものも多数あるからです。

性感染症は防ぐことができる病気です。

かかってしまうことの恐ろしさを知れば、風俗に行きたいと考える人はまずいないはずです。

性感染症に関する正しい知識を知り、風俗に行かない様にすることは、自分の身を守ることにもつながります。

悩み

ところで、たぶん、やばいな・・・と思っているんですよね。でもね、時間がすぎればもっとやばくなるよ。とにかく最低限チェックだけはしておくことオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.3.21

HIV:実際の検査についてを考える

風邪などに似た症状や性病を発病している場合などは検査をしてHIVかそうでないかを判断する必要があります。 特に、最近HIVに感染する可能性…

アクセスの多い記事

おすすめ記事

  • 2015.9.28

    フォアダイス

    フォアダイスは尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ)に似た形状のイボができるも…

  • 2016.3.7

    HIV(エイズ)の検査について

    知らない間にあなたがHIV(エイズ)に感染していたとしたら心配で夜も寝れなくなっ…

  • 2015.9.7

    B型肝炎

    B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスが引き起こす感染症のことを言います。 肝炎につい…

  • 2015.9.14

    C型肝炎

    テレビなどでも非常に良く取り上げられている感染症ですので、「C型肝炎」という名前…

  • 2015.11.16

    血精液症

    血精液症とは、その名の通り「精液の中に血が混じっている」状態のことを指すものです…

ページ上部へ戻る