サイトメガロウイルス感染症

サイトメガロウイルス感染症は、ヘルペスウイルスの種類の一つです。

「そんなウイルス、聞いたこと無いな…」と思う人も多いかと思いますが、それもそのはず、このウイルスは感染しても、自覚症状がほとんどないことが多いのです。

ですが他のあらゆる病気がそうである様に、ウイルス自体が弱くても「過度に疲れている」「出産後などで体力が低下している」「病気で免疫力が下がった状態である」場合は症状が出てしまうこともあります。

日本人がサイトメガロウイルス感染症に感染するのはほとんどが幼児期で、この時に体内に抗体が作られるためにその後は発症することがありません。

ですがやはり、身体の状態によっては再発することが確認されていますので、このことからも「いかに健康が大切か」が解ります。

感染の仕方には、「先天性感染」と「後天性感染」の二種類があり、先天的感染とはいわゆる「母子感染」のことを指します。

「後天的感染」とは感染している人の体液などに強く触れることによって感染するものです。

症状が出る場合は「のどの痛み」「湿疹」「熱が出る」「身体がだるい」といったものが出て、更に何らかの事情で免疫力が下がっている場合は「髄膜炎」「胃腸炎」などになり重症化します。

気をつけなければならないのは、HIV感染症などにかかって免疫力が低下している場合、症状が重くなって死に至るケースもあることです。

HIV感染症の怖さが、このことからも良く解ると思います。

症状が出ないまま抗体が出来ていることも多いため、検査は「症状が出たときに行う」のが一般的です。

ですが、妊娠中の女性が感染してしまうと子供にかかってしまう可能性もありますので、きちんと検査で抗体の有無を確認しておくことが大切です。

予防に関しては、日ごろから健康に気をつけた生活をしていくことが何よりの予防になります。

免疫力が下がらないような身体に良い生活をしていけば、重症化するのを防ぐことができます。

悩み

ところで、たぶん、やばいな・・・と思っているんですよね。でもね、時間がすぎればもっとやばくなるよ。とにかく最低限チェックだけはしておくことオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.1.4

包茎について

「包茎である」事に対し、男性がコンプレックスを持ってしまっていることも少なくありません。 でもこの「包茎」は、決して珍しいことではありませ…

アクセスの多い記事

おすすめ記事

  • 2015.10.5

    非クラミジア性非淋菌性尿道炎

    非クラミジア性非淋菌性尿道炎(子宮頚管炎)とは、その名の通り「クラミジアが原因で…

  • 2015.8.10

    膣トリコモナス症

    膣トリコモナス症は、その名前からも解る通り「感染者のほとんどが女性である」性感染…

  • 2016.3.7

    HIV(エイズ)の検査について

    知らない間にあなたがHIV(エイズ)に感染していたとしたら心配で夜も寝れなくなっ…

  • 2016.1.25

    HIV発症の基準と症状

    HIVに感染後、無症候期を過ぎ発病期になると様々な症状を示すようになります。 …

  • 2015.10.12

    疥癬

    疥癬(かいせん)とは、ヒゼンダニと呼ばれるダニが寄生することによって皮膚に異常を…

ページ上部へ戻る