非クラミジア性非淋菌性尿道炎

非クラミジア性非淋菌性尿道炎(子宮頚管炎)とは、その名の通り「クラミジアが原因ではない」そして「淋菌が原因でもない」場合の尿道炎を指しています。

感染の原因としては「マイコプラズマ」「ぶどう球菌」など、たくさんの原因が考えられています。

性器クラミジア感染症と似た症状が出ることから、この病気と間違われることが多くあります。

セックスまたはオラルセックスでうつると言われている(まだ完全な感染経路については解っていません)性病のひとつで、感染者が非常に多く、症状は軽いことが多いとされています。

男性の症状としては、「排尿の時に痛みを感じる」「尿道がかゆくなる」「尿道に不快な感じがする」「「尿道から膿が出る」などがあります。

性器クラミジア感染症も症状に気付きにくい性病ですが、この非クラミジア性非淋菌性尿道炎もその一つで、感染者が感染していることに気付かないというケースが多くあります。

しかし非クラミジア性非淋菌性尿道炎は放っておくと、副睾丸炎などの病気につながることがありますので早期治療が必要となります。

また女性の場合は、おりものが増えたと感じることが多いようです。

こちらも感染していることに気付かない場合が多々ありますが、子宮頚管炎の原因となることもありますので注意が必要となります。

検査は病院で行います。

性病の検査の場合、自宅で検査をすることができるキットが販売されていることがありますが、非クラミジア性非淋菌性尿道炎の場合はそれがありませんので、症状に気付いたら早めに病院に行って検査を受けることにしましょう。

治療は抗生剤を使って行われますが、正しく使用しないと非クラミジア性非淋菌性尿道炎の菌が完全に除去できませんので、医師が出した診察結果に従って服用していきましょう。

また非クラミジア性非淋菌性尿道炎は自覚症状が薄いため、気付かないうちに相手に移してしまっていることも多々あります。

このため、日ごろからコンドームを使用するなどして予防を心がけることが大切です。

悩み

ところで、たぶん、やばいな・・・と思っているんですよね。でもね、時間がすぎればもっとやばくなるよ。とにかく最低限チェックだけはしておくことオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.3.7

HIV(エイズ)の検査について

知らない間にあなたがHIV(エイズ)に感染していたとしたら心配で夜も寝れなくなってる事と思います。 しかし、HIV(エイズ)かどうかは、専…

アクセスの多い記事

おすすめ記事

  • 2015.7.6

    HIV感染症/エイズとは

    HIV感染症とは、「ヒト免疫不全ウィルス」のことを指します。 この症状が進んで…

  • 2016.3.7

    HIV(エイズ)の検査について

    知らない間にあなたがHIV(エイズ)に感染していたとしたら心配で夜も寝れなくなっ…

  • 2015.12.14

    風俗と性感染症

    最近若者の間では、「風俗関係の人たちはきちんと性病に関する知識があって、予防をし…

  • 2016.3.21

    HIV:実際の検査についてを考える

    風邪などに似た症状や性病を発病している場合などは検査をしてHIVかそうでないかを…

  • 2015.8.10

    膣トリコモナス症

    膣トリコモナス症は、その名前からも解る通り「感染者のほとんどが女性である」性感染…

ページ上部へ戻る