B型肝炎

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスが引き起こす感染症のことを言います。

肝炎については、テレビなどでも話題になったのでご存知の方も多いかと思いますが、主な感染経路は「血液」です。

「輸血」「臓器移植」など血を介するもので感染するとされ、一時期は洗浄していない注射針を使うことによる感染もありました。

また、性行為でもうつる可能性があります。

症状には「急性肝炎」「慢性肝炎」の二種類があり、「急性肝炎」の場合は「発熱」「だるさ」「嘔吐」など多くの症状が出ます。

この症状があまりに重いと「D型感染」にも感染している可能性がありますので、きちんと検査を受けて何に感染しているかを確かめることが必要です。

慢性肝炎の場合は目立った症状がほとんどなく、あったとしても「だるい」「食欲が無い」程度のものですので、感染に気付かない人も多く見られます。

気をつけなければならないのは、母親がB型肝炎にかかっていた場合、生まれてきた子供が「持続感染者」となってしまうことです。

医学の進歩により、薬で母子感染は抑えることができますので、「なるべく早く感染に気付き、適切な治療を受ける」ことが大切です。

予防方法は、「海外での輸血には十分に注意すること(日本ほど血液管理が徹底されていない場合がある)」「健康的な食生活を送ること」「お酒や加工食品を避けた生活」が鍵となります。

簡単なことと言われるかもしれませんが、「健康的な食生活」はあらゆる病気にかからないための効果的な方法です。

現代では食生活の偏りも多く指摘されていますので、なるべく注意して生活をしてみたいものです。

また、どんな病気でもそうであるようにB型肝炎も「早く感染に気付く」ことが大切です。

「熱が続いている」「だるいのがとれない」など、B型肝炎かもしれないと考える予兆があったらすぐに医師のもとで診察を受けてください。

特に女性は母子感染のことがありますので、症状に気付いたらなるべく早く治療を受けたいものです。

悩み

ところで、たぶん、やばいな・・・と思っているんですよね。でもね、時間がすぎればもっとやばくなるよ。とにかく最低限チェックだけはしておくことオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.2.1

HIV発症の感染経路

隣りの人が咳やくしゃみをしただけで、うつってしまうかもしれないと神経質になってはいませんか? HIV(エイズ)と聞くと余計に回りの人の行動…

アクセスの多い記事

おすすめ記事

  • 2016.3.7

    HIV(エイズ)の検査について

    知らない間にあなたがHIV(エイズ)に感染していたとしたら心配で夜も寝れなくなっ…

  • 2015.10.26

    細菌性膣症

    細菌性膣症とは、女性のみがかかる病気です。 「性行為でうつる」病気とされ、性行…

  • 2015.11.30

    外陰炎

    外陰炎とは、病気の名前からも解るとおり「女性特有の病気」です。 外陰部に傷がで…

  • 2016.2.22

    HIV感染ルート:母子感染

    HIVの感染で二次被害になるのに、母子感染があります。 女性がエイズに感染した…

  • 2015.12.28

    自費と保険の違いと治療費概算

    性感染症になってしまい病院へ行く時、気になるのはその負担額ですよね。 自費と保…

ページ上部へ戻る