梅毒

梅毒とは、「梅毒トレポネーマ」という最近が引き起こす性感染症の一種です。

数ある性感染症がそうであるように、セックス・オラルセックスで感染しますが、この場合身体の小さな傷から菌が進入し、血液に広がっていきます。

感染してから大体三週間の間に発症しますが、現在は薬により症状が進むことを抑えることができますので、死亡に至る例はほとんどないとされています。

症状としてはいくつかの段階がありますので、以下に明記していきたいと思います。

まず第一段階ですが、菌が入った身体の箇所に、固い塊の様なものが出現します(これを硬性下疳と言います)。

塊自体はすぐに消えていきますが、潰れたり、リンパが腫れたりすることもありますので注意が必要となります。

大体六週間くらいから検査が可能で、この期間を過ぎると検査で「梅毒」と診断されます。

第二段階は、感染してから三ヶ月もしくは三年以内に起きる症状の事を言います。

症状は個人によって様々なのですが、「全身にあるリンパが腫れてしまう」上に、発熱、身体がだるいなどの症状が出る様です。

赤く特徴的な発疹(バラ疹)が身体中に広がります。

このバラ疹は消えても菌が消えるわけではないので、この段階で抗生剤などを使って治療していく必要があります。

またこの段階以上に進んでしまうと、現代の医学では治すことが不可能になってしまいます。

感染してから三年後、十年以内に現れる「第三段階」では、ゴムに似た腫瘍が身体に出現します。

それが全身に広がり、内臓などにも出現する様になるのが最終段階で、脳や脊髄に進行して死に至ります。

先にも書いたとおり、第二段階までなら薬で治癒することが可能ですので、きづいたらすぐに専門医を受診し、適切な診断と治療を受ける必要があります。

治療は抗生物質で行われ、個人差もありますが大体数週間で治療することが可能です。

うつる病気ですので、感染に気付いたらセックスは控えること、また自分にうつるのを避けるためにも、不特定多数の人とのセックスはしないことが大切です。

悩み

ところで、たぶん、やばいな・・・と思っているんですよね。でもね、時間がすぎればもっとやばくなるよ。とにかく最低限チェックだけはしておくことオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.3.21

HIV:実際の検査についてを考える

風邪などに似た症状や性病を発病している場合などは検査をしてHIVかそうでないかを判断する必要があります。 特に、最近HIVに感染する可能性…

アクセスの多い記事

おすすめ記事

  • 2015.12.28

    自費と保険の違いと治療費概算

    性感染症になってしまい病院へ行く時、気になるのはその負担額ですよね。 自費と保…

  • 2016.2.8

    HIV感染ルート:性交渉による感染

    性交渉は1回の行為での感染の確率はとても低いのですが、最近の調査では感染経路の7…

  • 2015.7.6

    HIV感染症/エイズとは

    HIV感染症とは、「ヒト免疫不全ウィルス」のことを指します。 この症状が進んで…

  • 2015.9.28

    フォアダイス

    フォアダイスは尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ)に似た形状のイボができるも…

  • 2015.9.21

    成人T細胞白血病

    成人T細胞白血病というのは、腫瘍疾患の一つといわれる病気です。 この成人T細胞…

ページ上部へ戻る