軟性下疳

軟性下疳(なんせいげかん)とは「陰部下疳(いんぶげかん)」とも呼ばれ、性行為によってうつる性感染症です。

原因となるのはヘモフィルス・デュクレイという名の生物です。

この軟性下疳は日本でうつるものではなく、海外に旅行に行ったり仕事で出張に行ったりした時などに持ち帰ってくるケースがほとんどと言われています。

この軟性下疳の症状はいくつかありますが、その第一段階が「コブ」です。

性器にコブができ、そのコブはでこぼことした手触りで、刺激を与えると潰れてしまって血が出ますので、すぐに異常に気がつきます。

その次の症状が「潰瘍」で、これは触れると痛みを感じます。

そして最後に出る症状が「股部分のリンパ部分の腫れ」です。

腫れている部分には膿がたまっていきますので、放置しておくとどんどん痛みが強くなっていきます。

痛みには個人差がありますが、非常に痛くなる場合が多いです。

感染してから発症するまでの潜伏期間がとても短いことも特徴で、感染してから一週間以内に男性も女性も陰部に症状が出ます。

前にも書いた通り痛みがありますので、感染した後にはほとんどの人が「何かの病気だろう」ということに気付きます。

股部分のリンパの腫れは全員が知っているものではありませんが、感染した人の半数はこの症状が出ると言われています。

また、口の中にも出来る場合があり、その場合は小さな潰瘍が出きます。

検査に関しては病院で専門医に見てもらう必要がありますが、とても特徴がある外観ですのですぐに「軟性下疳」と診断されます。

診断された後は、医師に処方された薬を飲むことで治していきます。

リンパの腫れに関しては、塗り薬を使って治療していくことになります。

また軟性下疳は「短期間で、かなりの痛みが出てくる」ことが特徴ですので、誰かに感染させる前に自身で感染に気付く場合がほとんどです。

感染に気付いてからパートナーに何も無ければ感染はしていないことになりますが、うつさないためにも完治するまで性行為は控えましょう。

悩み

ところで、たぶん、やばいな・・・と思っているんですよね。でもね、時間がすぎればもっとやばくなるよ。とにかく最低限チェックだけはしておくことオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.1.4

包茎について

「包茎である」事に対し、男性がコンプレックスを持ってしまっていることも少なくありません。 でもこの「包茎」は、決して珍しいことではありませ…

アクセスの多い記事

おすすめ記事

  • 2016.2.29

    性教育の必要性

    セックスそのものの行為はどうしても他人には話す事でないと言う風潮があります。 …

  • 2015.9.21

    成人T細胞白血病

    成人T細胞白血病というのは、腫瘍疾患の一つといわれる病気です。 この成人T細胞…

  • 2016.1.25

    HIV発症の基準と症状

    HIVに感染後、無症候期を過ぎ発病期になると様々な症状を示すようになります。 …

  • 2015.11.2

    伝染性単核球症

    伝染性単核球症(キス病)とは、ヘルペスウイルス(EBウイルス)が引き起こす病気の…

  • 2015.6.29

    淋病

    「淋病(りんびょう)」「淋菌感染症」とは、「淋菌(りんきん)」と呼ばれる最近の感…

ページ上部へ戻る