性器カンジダ症

性器カンジダ症は、女性に多いと言われる性感染症です。

性器カンジダ症は、その名の通り「カンジダ」と呼ばれるカビが人の身体に入ることによって引き起こされます。

どのように発症するか?症状は?

カンジダ自体は人間の身体にたくさんいますので、セックス以外でも疲れが溜まっていたり体調を大きく崩したりして免疫力が下がることで、発症につながってくこともあります。

感染してから潜伏期間を経て発症に至るまでの期間は人それぞれですが、男性の場合は性器にかゆみが出たり、赤く腫れたりすることから感染に気付きます。

女性の場合も性器にかゆみ、腫れが出ますが、それ以外にもおりものが増えたり、おりもの自体もふだんと違うことが多いです(ボロボロしたり、ドロドロしていたりする)。

更に女性の場合、酷くなると排尿の際に痛みを感じたり、なかなか排尿ができないなどの症状が出ます。

場合によっては咽に出ることもあり、この場合は「口腔カンジダ症」「カンジダ性口内炎」になってしまうこともあります。

自然治癒はしない・必ず病院へ

放っておいても治る病気ではありませんので、症状が出た場合はすぐに専門機関で診察をしてもらい、治療をすることが望ましいです。

病院に行きたくない・行きにくい場合は、自宅で検査をすることも可能です。

また性器カンジダ症に感染していることが解ったら、自分だけでなく必ずパートナーと一緒に病院へ行くことです。

性器カンジダ症はうつる病気ですので、自覚症状が無いだけで相手も同じ菌に侵されている可能性があるからです。

治療や予防

治療は患部の洗浄や、塗り薬を塗っていく方法をとることがほとんどです。

予防としては、日ごろから通気性の悪い下着や洋服などを避け、カンジダがなるべく活動しにくい状況を作っていくという方法があります。

またコンドームを使うことによってかなりの感染を抑えることができますので、セックスの際には必ずコンドームを使用しましょう。

とにかく、症状を確認したらすぐに病院に行くこと。

そして医師の診察と治療を受けることが、完治への一番の近道です。

自己感染でもなる病気です!

「性器カンジダ」は、性器にできる疾患であることから「性行為でのみ感染する」と誤解されてしまいがち。

しかし、そうではありません。

性行為で感染することもありますが、そればかりではなくもともと体内にあった菌から発症してしまうこともあります。

体調を崩したときに体内にある菌が広がることで、性器カンジダになってしまうこともあります。

必ずしも「性行為でばかりうつるわけではない」ということを広め、正しい知識で「性器カンジダ」を知ることが大切ではないでしょうか。

こういった間違った知識が広がることで、当事者が苦しい思いをしていることも少なくありません。

誰かが傷つかないようにしていきたいものです。

悩み

ところで、たぶん、やばいな・・・と思っているんですよね。でもね、時間がすぎればもっとやばくなるよ。とにかく最低限チェックだけはしておくことオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.3.21

HIV:実際の検査についてを考える

風邪などに似た症状や性病を発病している場合などは検査をしてHIVかそうでないかを判断する必要があります。 特に、最近HIVに感染する可能性…

アクセスの多い記事

おすすめ記事

  • 2015.6.15

    性病とは

    「性病」という名前を聞いたことが無い人はいないでしょう。 「性病」とは「STD…

  • 2016.2.15

    HIV感染ルート:血液感染

    HIVの感染源になり、社会問題になった薬害エイズ事件があります。 これは198…

  • 2015.10.5

    非クラミジア性非淋菌性尿道炎

    非クラミジア性非淋菌性尿道炎(子宮頚管炎)とは、その名の通り「クラミジアが原因で…

  • 2016.3.14

    安易に献血センターには行かない

    HIVに感染の疑いがあると思い献血センターなどで血液検査をする事は、輸血される人…

  • 2015.11.16

    血精液症

    血精液症とは、その名の通り「精液の中に血が混じっている」状態のことを指すものです…

ページ上部へ戻る