尖圭コンジローマ

「尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ)」とは、ヒトパピローマウイルスに感染する事によって発症する性病のことを言います。

どんな症状が出るの?

「尖圭コンジローマ」ではなく、「尖圭コンジローム」と呼ばれることもあり、イボの様なものが性器にできます。

性感染症の一つですが、性行為以外にも温泉やサウナで感染してしまう場合もあります。

潜伏期間が一ヶ月以上と長めなのが特徴で、この期間はほとんどのヒトが尖圭コンジローマにかかっていると気付きません。

中には八ヶ月以上の潜伏期間がある場合もあり、この潜伏期間の長さが尖圭コンジローマに気付きにくい要因と言えるでしょう。

また、イボにならないケースも多く報告されています。

潜伏期間が終わると、先が尖ったイボが性器に出来ていきます。

イボは一つだけではなく、短い間に次々と広がり、時には性器以外の場所にも出来てしまうことがあります。

痛みやかゆみも無い為、実際にできたイボを見て尖圭コンジローマに感染したことを知る場合がほとんどです。

治療と予防

尖圭コンジローマは放っておいても人間自身が持っている免疫力で消えていきますが、人にうつさないことを考えても気付いたらすぐに治療することが望ましいです。

薬で治療する場合と手術で治療する場合があり、こちらは医師の判断となります。

しかし尖圭コンジローマの治療はイボとして出てきたものを治療していくという方法しかなく、イボとして出ていない症状がある場合は何の治療方法も無いのが現状です。

治療できた場合も、完全に「治った」と診断されるまでには時間がかかり、できたイボを全て治療してもすぐに他の場所にできてしまうなど治すにはかなり根気が必要です。

治療してから半年以上症状が出なければ「完治」と言われていますが、その後もウイルスを持っている人とセックスをすればうつります。

予防方法は、コンドームを使用することでかなりの確立で感染を防ぐことができると言われています。

不特定多数の人間と性行為をしないこと、そしてセックスの際には必ずコンドームを使用することが大切です。

子宮頸がんの原因になる可能性も

尖圭コンジローマの感染原因は、「HPV」と呼ばれるウィルスです。

恐らく、子宮頸がんの検査をしたり、調べたり…ということがある人は、この「HPV」の怖さをご存知でしょう。

HPVウィルスには、実は良性もあれば悪性のものもあります。

尖圭コンジローマの場合、ウィルスは陽性であることが解っていますが、実は陽性だけでなく悪性のHPVも一緒に確認されることもあるとか。

このままにしておくと、やがて子宮頸がんになってしまう可能性も出てきます。

男性だったら無問題かといえばそうでもなく、「陰茎がん」になってしまうことも。

いずれにせよ、尖圭コンジローマを放置しておいていいことはひとつもありません。

悪化しないうちに治療されることをお勧めします。

悩み

ところで、たぶん、やばいな・・・と思っているんですよね。でもね、時間がすぎればもっとやばくなるよ。とにかく最低限チェックだけはしておくことオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.1.4

包茎について

「包茎である」事に対し、男性がコンプレックスを持ってしまっていることも少なくありません。 でもこの「包茎」は、決して珍しいことではありませ…

アクセスの多い記事

おすすめ記事

  • 2015.7.13

    性器ヘルペス

    性器ヘルペスとは、ウィルスに感染することにより症状が出る感染症のことを言います。…

  • 2015.7.20

    尖圭コンジローマ

    「尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ)」とは、ヒトパピローマウイルスに感染す…

  • 2015.9.21

    成人T細胞白血病

    成人T細胞白血病というのは、腫瘍疾患の一つといわれる病気です。 この成人T細胞…

  • 2015.7.27

    性器カンジダ症

    性器カンジダ症は、女性に多いと言われる性感染症です。 性器カンジダ症は、その名…

  • 2016.2.29

    性教育の必要性

    セックスそのものの行為はどうしても他人には話す事でないと言う風潮があります。 …

ページ上部へ戻る