性器ヘルペス

性器ヘルペスとは、ウィルスに感染することにより症状が出る感染症のことを言います。

性器ヘルペスってどんなもの?症状は?

「ヘルペス」というウィルスそのものにはいくつかの種類があり、口や目に症状が出る場合も多くありますが、その中で「性器ヘルペス」というのは「性器にできたヘルペスのこと」を指しています。

性器ヘルペスに感染する要因は、そのほとんどが「性行為」によるものだと言われていますが、「出産後に体力が著しく落ちていた」場合や「体調がとても悪かった」場合にも感染する例が報告されていることから、その限りでは無いことが解っています。

他の性感染症では「自覚症状が全く無い」場合も多いですが、性器ヘルペスの場合は比較的早期に気付く場合も多い様です。

初めて感染する場合は一週間程度の潜伏期間があり、その後「発熱」「身体がだるい」などの症状が現れます。

その後になると、小さな水ぶくれの様なものが性器に現れ、水ぶくれが破れて酷くなると下着に当たっただけでも痛くなったり、歩けないほどの痛みを引き起こしたりします。

また女性の場合、妊娠している間にこの病気になってしまうと、出産時に子供に感染してしまう可能性があるので注意が必要です。

潜伏期間に気付くことができれば良いのですが、多くの場合水ぶくれが出来てから異常に気付いて病院を訪れるというケースです。

診断・治療・注意事項

上記にも書いたとおり、酷くなると日常生活に影響を及ぼす恐れがありますので、症状が出たらすぐに病院へ行かれることをお勧めします。

診断は患部を見せることでほとんどの医師が「性器ヘルペスだ」と解るそうですが、血液検査などをしてより診断を正確にする場合が多い様です。

治療は塗り薬を処方されることが多いですが、飲み薬や注射をして治療をすることもあります。

予防はとにかく「不特定多数の人間とセックスをしないこと」。

そして症状が出たら、必ず性行為をした相手と一緒に病院へ行くことを心がけましょう。

症状を酷くしないためにも、気付いたらすぐに病院へ行くことが大切です。

ウィルスを死滅させることはできません

「性器ヘルペス」に一度感染してしまうと、そのウィルスを完全に死滅させることはできません。

なので、もしかしたらもう一度発症してしまう可能性があります。

中には、この性器ヘルペスを何度も再発させてしまうひともいるようで、その場合は発症を抑える薬を飲んでいくことになるそう。

記述してある通り、「性器ヘルペス」は大変に痛みがある病気です。

「痛みで歩くことができない」と言われるくらいの痛みですので、頻発するようであればきちんと薬を処方してもらい、再発を防ぐ努力をしていきましょう。

医師に相談しながら、性器ヘルペスをおさえることができるような対策をしていけば、再発を抑えることは可能になります。

根気よく治療をしていきましょう。

悩み

ところで、たぶん、やばいな・・・と思っているんですよね。でもね、時間がすぎればもっとやばくなるよ。とにかく最低限チェックだけはしておくことオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.1.18

HIV潜伏期間から発症にいたる期間

HIVに感染後2~-4週間後で発症すると言われていて、多くの場合、数日~10週間程度で症状は軽くなります。 無症候性感染期 長期の無症候…

アクセスの多い記事

おすすめ記事

  • 2015.6.15

    性病とは

    「性病」という名前を聞いたことが無い人はいないでしょう。 「性病」とは「STD…

  • 2015.7.20

    尖圭コンジローマ

    「尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ)」とは、ヒトパピローマウイルスに感染す…

  • 2015.10.26

    細菌性膣症

    細菌性膣症とは、女性のみがかかる病気です。 「性行為でうつる」病気とされ、性行…

  • 2016.2.29

    性教育の必要性

    セックスそのものの行為はどうしても他人には話す事でないと言う風潮があります。 …

  • 2015.8.3

    ケジラミ症

    ケジラミ症というのは、毛じらみというウイルスによって引き起こされる性感染症のこと…

ページ上部へ戻る