淋病

「淋病(りんびょう)」「淋菌感染症」とは、「淋菌(りんきん)」と呼ばれる最近の感染によって引き起こされる性病のことを言います。

淋病(りんびょう)とはどんな病気?

90年代後半より感染している人が増加しつつあると言われ、「精器クラミジア感染症」と同時に感染している場合も多いとされています。

「淋(りん)」という字を使用することから、人によっては「さみしくなる病気=心の病」と考える人も多いそうですが、これは「雨の雫が落ちる様子」のことを表現したもので、「さみしい」とは何の因果関係もありません。

感染はセックスおよびオラルセックスが原因とされ、これらの原因以外での感染はほとんど無いとされています。

が、低い確率ではありますが温泉などの椅子から感染することもあります。

症状や病状

症状は、人にもよりますが感染してから数時間-数週間で症状が出ることが一般的です。

咽頭や精器に病状が確認され、咽頭の場合は「咽頭炎」、男性のみの症状として「淋菌性尿道炎」、女性の場合は「子宮頚管炎」を発症することがあります。

女性の場合

女性が感染していると、出産時に子供にうつる可能性も高くなりますのでより注意が必要となります。

出産時に母親から菌をうつされてしまうと、菌が目に影響を与える場合が多く、失明に至るケースも報告されています。

他にも女性が感染すると、内臓が侵されたり不妊症・子宮外妊娠につながる場合もあります。

淋菌自体は弱い菌ですが、このことからも恐ろしい病気であることが解ると思います。

男性の場合

男性の場合は排尿時に痛みが伴う場合が多いですが、女性の場合は何の自覚症状も無いことが多く、違和感を持って診断を受けたとしても、「膀胱炎」「膣炎」など間違った診断がおりることも珍しくはありません。

治療法について

治療方法は抗生物質を一定期間飲むことがそれですが、注意しなければならないのは「完治したと思ってそこで治療を辞めてしまうと、身体に残っていた淋菌が再び広がっていく」ことです。

この場合、菌に耐性がついてしまっている可能性もありますので、薬を処方された場合は指示通りに飲むこと、勝手に服薬をやめないことが大切です。

淋病は感染する力が強い病気

性病にもいろいろな種類がありますが、淋病はその中でも非常に感染力が強いものです。

どのくらい強いのかと言うと、1度の性行為で相手に病気をうつしてしまう可能性が30パーセントにものぼるそう。これは、かなり高い確率と言われています。

怖いのは、淋病になったことに気づかないまま出産をしてしまうこと。

出産の際、赤ちゃんが産道を通りますよね。

その時に赤ちゃんが淋病に感染してしまう可能性もあるのです。

また、他にもまれなケースではありますが「家族間でうつってしまう」ということもあるとか。

気付いた時点で診察を受け、きちんとした治療を受けることが大事です。

市販の検査キットも販売されていますので、万が一の場合はこちらを使うことも考えてみてください。

悩み

ところで、たぶん、やばいな・・・と思っているんですよね。でもね、時間がすぎればもっとやばくなるよ。とにかく最低限チェックだけはしておくことオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.1.4

包茎について

「包茎である」事に対し、男性がコンプレックスを持ってしまっていることも少なくありません。 でもこの「包茎」は、決して珍しいことではありませ…

アクセスの多い記事

おすすめ記事

  • 2015.11.23

    亀頭包皮炎

    亀頭包皮炎とは、ペニスの亀頭の部分が赤くただれてしまうもののことを言います。 …

  • 2015.12.14

    風俗と性感染症

    最近若者の間では、「風俗関係の人たちはきちんと性病に関する知識があって、予防をし…

  • 2016.3.14

    安易に献血センターには行かない

    HIVに感染の疑いがあると思い献血センターなどで血液検査をする事は、輸血される人…

  • 2015.6.15

    性病とは

    「性病」という名前を聞いたことが無い人はいないでしょう。 「性病」とは「STD…

  • 2015.9.7

    B型肝炎

    B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスが引き起こす感染症のことを言います。 肝炎につい…

ページ上部へ戻る