精器クラミジア感染症

「精器クラミジア感染症」とは、「クラミジア」というウィルスの中の一種類(クラミジア・トコラマチス)が感染して発症する性病のことを言います。

主な患部

患部は主に「尿道」「精器」で、感染の原因は「セックス」「オラルセックス」「キス」などの性行為です。

精器クラミジア感染症の症状としては、まず「自覚症状がほとんど無いこと」が挙げられます。

気づかない人は本当に気づかず、重篤状態になったことで「ようやく精器クラミジア感染症になった」と気づく人がいるくらいです。

感染してから数週間で症状が見られますが、男性の場合「精器から膿が出てきた」、女性の場合は「おりものが増えた」などの症状なので、全く気づかない人がいても不思議ではない性病です。

また「咽に感染している」場合もあり、この場合は「咽に痛みがある」「アザができた」などの症状が出ることがありますが、逆に何の症状も無い場合もあります。

放置しておくことの危険

この「症状に気づかない」ことが非常に問題で、精器クラミジア感染症は放置しておくと身体の内部まで症状が進み、男性の場合は「前立腺炎」「肝炎」「腎炎」「副睾丸炎」になってしまうことがあります。

女性の場合は「卵管炎」「骨盤腹膜炎」になることもあり、場合によっては不妊の原因となってしまうこともあります。

また精器クラミジア感染症になると「HIV」への感染率も高くなるという結果も出ており、気づかずに放置しておくことが、どれだけ大変なことかが良く解ると思います。

治療法と受診する科

治療方法としては、男性の場合は「泌尿器科」「性病科」、女性の場合は産婦人科を受診されることをオススメします。

治療方法は抗生物質を飲むことで、症状にもよりますが大体数週間で完治すると言われています。

予防することは大変難しく、コンドームなどを使用してもキス(ディープキスだとより感染率が高まる場合があります)でうつってしまう場合もあります。

「不特定多数の人と行為をしないこと」が一番の予防方法です。

検査キットもあります

「性器クラミジア感染症」については、自宅で簡単に検査をすることができるキットが販売されています。

「どうやら性器クラミジア感染症と思われる症状がでている。

しかし、病院にいくのは抵抗がある…」と考えている人には、この検査キットをお勧めします。

検査キットは、自宅で採取して郵送し、結果はインターネット上で教えてくれるというもの。

もしどうしても恥ずかしさがある場合は、まずこの検査キットをつかって検査をしてみて、陽性が出たら病院に行ってみるという方法もあります。

とにかく、症状が出ているのに放置してしまうことが一番危険ですので、きちんとなんらかの行動をおこしましょう。

性器クラミジア感染症は、気づかないうちに進行してしまう怖い病気でもあります。

気付いたら、できるだけ早くに検査されることをお勧めします。

悩み

ところで、たぶん、やばいな・・・と思っているんですよね。でもね、時間がすぎればもっとやばくなるよ。とにかく最低限チェックだけはしておくことオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.2.8

HIV感染ルート:性交渉による感染

性交渉は1回の行為での感染の確率はとても低いのですが、最近の調査では感染経路の70~80%がセックスによるものだと言われています。 通常の…

アクセスの多い記事

おすすめ記事

  • 2015.11.2

    伝染性単核球症

    伝染性単核球症(キス病)とは、ヘルペスウイルス(EBウイルス)が引き起こす病気の…

  • 2016.2.29

    性教育の必要性

    セックスそのものの行為はどうしても他人には話す事でないと言う風潮があります。 …

  • 2015.11.30

    外陰炎

    外陰炎とは、病気の名前からも解るとおり「女性特有の病気」です。 外陰部に傷がで…

  • 2016.2.22

    HIV感染ルート:母子感染

    HIVの感染で二次被害になるのに、母子感染があります。 女性がエイズに感染した…

  • 2015.8.3

    ケジラミ症

    ケジラミ症というのは、毛じらみというウイルスによって引き起こされる性感染症のこと…

ページ上部へ戻る