性病とは

「性病」という名前を聞いたことが無い人はいないでしょう。

「性病」とは「STD」と呼ばれ、「性行為をしたためにうつる病気」のことを言います。

「性病」にかかる人が増えている

今、この「性病」にかかる人が増えているとされ、社会問題になるほど注目されています。

これまで「性病」は十代や二十代と言った若者に多い病気とされてきましたが、最近は三十代以降の中高年に増えてきた、と言われています。

これは風俗店などから性病をうつされるケースが多いためで、本人に自覚症状が無くても、妻にうつって初めて感染に気づくと言ったケースも増加しています。

「性病」というといわゆる「本番行為」が無ければうつらないと考えられがちですが、近年調べてみたところ、「オラルセックス」で感染しているケースが多いことが解っています。

つまり、「本番行為をしていないから、性病にはならない」という考え方は間違いなのです。

きちんとした知識を持つ

性病はほとんどの場合、病院で処方された抗生物質で治すことが可能です。

が、人によっては自覚症状が全く無いため、そのまま配偶者とセックスして性病をうつしてしまうなどの事態に発展することもあります。

女性が性病にかかると、それが不妊症につながってしまう可能性があること、性病のウィルスの中には「子宮頸がん」になりやすい物質を持ったウィルスがあることも解っており、重大な病気につながる可能性が無いとは言い切れません。

大切なパートナーが性病にかかってしまったら、後悔してもしきれないのではないかと思います。

だからこそ、「性病にならないために」、または「性病にかかってしまったときにすぐ気づくことができるように」、きちんとした知識を持っておくことが大切なのです。

そして「どうも様子がおかしいな」と思ったら、迷わず早めに病院へ行って検査を受けましょう。

性病は放っておいて良くなる病気では決してありませんので、早期治療を行って「人にうつさないようにすること」、「病気の悪化を防ぐこと」が必要だからです。

性病であると間違われるケースも

中には、「性病」と間違われている病気もあります。

例えば、みなさんは「カンジダ」をご存知でしょうか。

この病気を聞いて「性病だ」と考える人がいたら、それは間違いです。

「性器カンジダ」に関して紹介しているサイトをみると、「性行為でパートナーからうつされることがある。

しかし、人の体の中に存在する菌でもある」と紹介されています。

はっきりと「カンジダは性感染症ではない」と書いているところもあり、疲れや寝不足で体力が落ちてしまったときに発症すると紹介されていることも。

このように、STDとして紹介されていても、必ずしも性行為でのみ感染するとは限りません。

病気に関する正しい知識を身につけましょう。

悩み

ところで、たぶん、やばいな・・・と思っているんですよね。でもね、時間がすぎればもっとやばくなるよ。とにかく最低限チェックだけはしておくことオススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2016.2.15

HIV感染ルート:血液感染

HIVの感染源になり、社会問題になった薬害エイズ事件があります。 これは1980年代に、主に血友病患者に対し、おこったものです。 薬害エ…

アクセスの多い記事

おすすめ記事

  • 2015.11.30

    外陰炎

    外陰炎とは、病気の名前からも解るとおり「女性特有の病気」です。 外陰部に傷がで…

  • 2015.6.15

    性病とは

    「性病」という名前を聞いたことが無い人はいないでしょう。 「性病」とは「STD…

  • 2015.7.6

    HIV感染症/エイズとは

    HIV感染症とは、「ヒト免疫不全ウィルス」のことを指します。 この症状が進んで…

  • 2015.8.3

    ケジラミ症

    ケジラミ症というのは、毛じらみというウイルスによって引き起こされる性感染症のこと…

  • 2016.1.4

    包茎について

    「包茎である」事に対し、男性がコンプレックスを持ってしまっていることも少なくあり…

ページ上部へ戻る